教育目標及び教育目標を達成するための基本方針

(1)教育目標

人権尊重の精神に基づき、自ら考え行動し、心身ともに健康で豊かな心をもち、明るくたくましく生きる児童を育成するため、東京都及び江戸川区教育委員会の教育目標を受け、本校の児童・保護者・地域社会の実態や願いをふまえ、次の目標を設定する。
 「考える子」
 「助け合う子」
 「元気な子」

今年度は「考える子」を重点に、基礎・基本を身に付け、自ら考え、判断力に富んだ児童の育成に力を入れる。

(2)教育目標を達成するための基本方針

学力調査の結果分析に基づき具体的な授業改善推進プランを策定し指導方法の工夫・改善に努める。また、児童の意欲喚起のため「わくわくどきどきできる教育活動」を実施するとともに、問題を解決させる過程を重視した指導や教材教具を工夫し、「わかる授業、達成感のある授業」を行う。
学校図書館やICTを積極的に活用するとともに探究的な活動を充実させ、知識・技能を活用し、自ら考え、判断し、表現する力を育む。
自国や外国の文化や言語に触れながら、自らも国際社会の一員であることに気付き、積極的に人や社会に関わろうとする意欲や態度を育むために、年間を通して英語にふれる学習を実施し、コミュニケーション能力の素地を養う。
教育活動全体を通してあらゆる偏見や差別をなくし、命の大切さや互いを思いやる望ましい人間関係を確立するために、人権教育を充実させ、温かい人間関係の構築や社会性の育成に努める。
基本的な生活習慣や社会生活上のきまりを身に付け、公共の精神を尊ぶための道徳教育を、全教育活動を通じて行うように努める。
進んで体力向上、健康増進に努める児童を育むために、新体力テストの結果から本校児童の課題を把握し、各領域の特性を味わわせる体育授業の充実に努める。休み時間など日常の体力づくりや体力向上に向けた取り組みを実施して、運動遊びを通して体を動かすことの楽しさや喜びを味わうことで運動に対する意欲を育成し、児童の体力増進を図る。
地域との連携を生かした交流・体験活動を通して地域に貢献しようとする態度を育てる。
地域の中の学校という認識のもと地域の良さや地域の人々と触れ合う活動、地域と連携した活動を積極的に推進し「地域を愛する心」を育む。

(3)指導の重点

(4)特色ある教育活動

豊かな心の育成
たてわり班による異学年集団の活動を通して、発達段階に応じた役割を自覚し、他者を思いやる心や協力して物事に取り組む態度を育てる。
特別支援学級との日常的な交流を通し、互いの個性を認め合い、共に生活しようとする思いやりの心や態度を育てる。
児童会を中心とする児童の主体的な活動を支援し、朝のあいさつ運動など学校生活をよりよくするためのルールやマナーを考えさせ、規範意識の向上を図る。
確かな学力の向上
朝読書の時間や保護者や教員による読み聞かせを設定することで読書活動を習慣化させ、読書意欲を高めるとともに、言語活動を支えるための基盤となる力を育てる。
学年内や専科等のティームティーチングや少人数指導、習熟別指導等を行い、教員配置の体制を工夫して個に応じた指導の充実を図る。
漢字力の向上を目指して、家庭学習での漢字練習を推奨し漢字練習の充実を図るとともに、学年に応じた校内漢字昇級表を作成する。
健康な心と体の育成
年間を通して縄跳びやマラソン月間を設け、基礎体力の向上とねばり強さの育成を図る。
ランチルーム給食やふれあい交流給食等を実施し、正しい食事のあり方やマナーを身につける。
地域で学ぶ
古川親水公園の自然や文化、長屋門などの歴史的建造物を積極的に学習に取り入れ、地域の人々の努力や生き方を学びながら地域社会の一員としての自覚や連帯感を育てる。

(5)各教科、道徳、総合的な学習の時間

(6)生活・進路指導