教育目標 「鹿本の子 しなやかに たくましく」

教育目標を達成するための基本方針

教育目標

本校は建学以来『知・徳・体』の調和のとれた児童の教育を目指してきました。
  その精神を尊重し次の児童像を掲げ本校教育の推進を図っています。

○ 考える子
○ やさしい子
○ たくましい子

教育目標を達成するための基本方針

全ての教育活動においてねらいの明確化とその精選、重点化を図り、目標の実現に向けた教育を推進します。


(1) 「考える子」を育成するために

考える子とは自らを律し、人を大切にし知恵をもって行動できる子と捉えています。様々な場面に対し課題解決できる児童を育成するために、全職員が意欲をもって教育活動に取り組めるよう、各々の特性や創意を生かした指導体制の確立に努めます。

・基礎、基本の確実な定着を目指し、学習指導の改善を図ります。
・思考力、想像力、表現力等を育む教育活動の工夫、展開を図ります。

(2) 「やさしい子」を育成するために

やさしい子とは人間尊重の理念を正しく理解し思いやりの心をもって人との関わりをもてる子と捉えています。教師と児童及び児童相互の人間関係の醸成をもとにした学校の教育活動に努めます。

・自他のよさ・違いに気付き、互いに受け入れ、共に生きることの大切さを体験できる様々な交流活動の工夫、展開を図ります。
・開かれた学校づくりを推進し、多くの人との触れ合いから温かな人間関係の醸成を図ります。

(3)「たくましい子」を育成するために

たくましい子とは、豊かな心をもち、心身共に健全であり、何事にも真摯に取り組むことができる子と捉えています。

・全ての教育活動の中で体験的な活動を重視した指導の工夫、展開を図ります。
・健康・安全についての理解を深め、自ら心身の健康づくりに粘り強く取り組む子供の育成を目指した活動の工夫、展開を図ります。