江戸川区立下小岩小学校

本校の沿革

年月 出来事
昭和7年9月 東京府南葛飾郡下小岩尋常小学校として開校
昭和7年10月 東京市下小岩尋常小学校と名称変更
昭和9年4月 木造2階建て4教室増築
昭和10年9月 木造2階建て4教室増築
昭和16年4月 国民学校令により、東京市下小岩国民学校と改称
昭和18年7月 東京都下小岩国民学校と改称
昭和19年3月 みそ汁給食開始
昭和19年8月 第一次集団疎開 山形県温海温泉
昭和19年9月 第二次集団疎開 山形県長井町
昭和20年6月 学校閉鎖(疎開できない児童のために、下小岩戦時教育所仮教室を開設)
第三次集団疎開
昭和20年10月 大山学寮より帰京
長井学寮より帰京
昭和20年11月 温海学寮より帰京
昭和22年4月 東京都江戸川区立下小岩小学校と改称
昭和26年3月 校歌制定
昭和33年1月 火災のため南側木造校舎12教室焼失
昭和34年9月 鉄筋3階建て 使用開始
昭和35年1月 新校旗設定
昭和38年3月 屋内運動場完成
昭和42年11月 プール完成
昭和43年2月 江戸川区研究協力校公開発表(学級経営) 「望ましい学級経営のあり方」
昭和55年2月 江戸川区研究奨励校公開発表(新教育課程) 「ゆとりあるしかも充実した学校生活」
平成元年2月 第十回給食メニューコンクール優秀賞受賞
平成2年12月 江戸川区研究奨励校公開発表(体育) 「進んで体力つくりや運動能力を高めることのできる児童の育成」
平成4年11月 ちびっこ力士像設置
平成7年11月 江戸川区研究協力校公開発表(生活科・社会科) 「自ら問題をみつけ意欲的に学習する児童の育成」
平成10年10月 江戸川区教育委員会研究校公開発表(国語科) 「生き生きと表現できる児童の育成」
平成13年11月 江戸川区教育委員会研究校公開発表(生活科・総合的な学習) 「かかわり合いの中で、感じ考え実践できる子」
平成14年11月 創立70周年記念式典挙行
平成15年4月 平成15・6年度文部科学省学力向上フロンティアスクール指定
”感じよう・伝えよう〜話すこと・聞くことの活動を通して(国語科)〜”を研究テーマに研究を進める。
平成15年5月 江戸川区教育委員会教育課題実践推進校(学力向上)指定
平成16年1月 文部科学省学力向上フロンティアスクール指定
江戸川区教育委員会教育課題実践推進校(学力向上)指定
研究発表会1月23日(講演会:斉藤孝 明治大学教授)(講評:河西泰道 元番町小学校長)
平成16年11月 同研究発表会11月11日(講演会:三遊亭園窓師匠)(講評:河西泰道 元番町小学校長)
平成17年2月 東京都学校歯科衛生保健優良校表彰
平成17年6月 壁面緑化事業(緑のカーテン)工事
平成17年8月 防火シャッター改修工事
平成18年2月 東京都学校歯科衛生保健優良校表彰
平成19年3月 屋上緑化工事
平成20年4月 グリーンプラン推進
平成20年6月 全教室冷房化工事完了
平成21年1月 江戸川区グリーンプラン推進校発表
平成21年7月 プール改修工事
平成21年9月 校庭全面改修工事
平成22年3月 地上デジタルテレビ化工事
平成23年4月 下小岩小学校 学校応援団設立
平成24年9月 体育館耐震工事完了
平成24年10月 開校80周年記念式典及び祝賀会挙行
平成25年9月 防火シャッター・防火扉改修工事
平成26年4月 江戸川区研究奨励校 「自ら学び 表現する 下小岩っ子 〜読書科を通して〜 」  (平成26・27年度)
平成28年2月 同 研究発表会(読書科授業展開)