平成28年度 校内研究

1.研究主題
 児童が主体的に調べ考えて表現するための指導の工夫
〜自分の考えを効果的に分かりやすく表現するために〜

2.研究組織・方法の工夫
【授業力・指導力向上のための手立て】
(1)授業研究部
・低学年部会
・中学年部会
・高学年部会 ※それぞれの分科会に専科教諭も所属する。
 各部会、研究推進委員会を中心に、学習指導案を検討し、授業を提案する。その後、協議会にて、講師の指導を受けながら、提案授業の検証を行い、次への課題解決へ取り組む。
(2)緻密な授業計画
・模擬授業 ・事前授業 ・研究授業 ・事後授業
(3)協議会のもちかたの工夫

【教材教具整備】
 児童の習熟度に適した教材を検討し、授業で効果的に使えるように整備する。

【学力テストの実施】
 学力テストを実施する。
 1学期に前学年までの学習事項の到達度をはかる学力テストを実施する。また、年度末にもテストを実施し、児童の学力の伸び具合を客観的データに基づき、調査、分析する。そのデータをもとに各児童の優れている領域、苦手としている領域について分析し、具体的な方策を示す。

【意識調査の実施】
 意識調査を実施して、児童の意識の変容を調べ、意欲を高めるように指導法の改善を行う。

3.本研究においてめざすこと
(1)基礎・基本の定着
(2)「分かる・できる」喜びから学習意欲の向上へ