新堀小学校教育目標

教育目標及び教育目標を達成するための基本方針

1 新堀小学校の教育目標


都・区教育委員会の教育目標に基づき、児童の実態をふまえ、進んで考え、豊かな心をもち、たくましく
生きる児童の育成を目指し次の教育目標を設定する。


  • 進んで考え、学び合う子  (本年度重点目標)
  • 心豊かで、思いやりのある子
  • 健康でたくましい子 

なお、本年度の重点目標は「進んで考え、学び合う子」とする。



2 学校の教育目標を達成するための基本方針


学校の教育目標を達成するために、次のような基本方針を設定し教育活動を展開する。


  • 人権尊重の理念を基盤とし、言語環境の整備や温かい人間関係の育成を通して共に生きる心をはぐくむ。
  • 「算数少人数指導」では加配教員を活用し、自ら学ぶ、考える力の育成や個性の伸長を図る。また、水曜
    6校時を設定して授業時数を確保することにより、基礎的・基本的な学力の定着を図る。
  • 総合的な学習の時間を通して児童の問題解決能力を高め、生きる力を培う。
  • 道徳の時間の充実を図るとともに、教育活動全体を通して「心の教育」を推進し、自他をいつくしみ生命を
    大切にするなど、人間としてよりよく生きるための道徳的実践力を育てる。
  • 地域社会の一員としての自覚や自己を高めたいという願いをもって、地域での諸活動やボランティア活動を
    通して、人と積極的にかかわろうとする児童を育成する。
  • 教科・道徳・特別活動において合科的・横断的な指導を行い、幅の広い見方や考え方ができる力を培う。
  • 体育的活動及び保健・給食指導を通して健康・安全への関心を高め、生涯にわたって自らの健康を保持・
    増進する力を育てる。
  • 学校・家庭・地域社会の教育力を互いに活用し、学校評議員や保護者の意見等、外部評価を積極的に取り
    入れ、ともに児童を育成する開かれた学校づくりを推進する。