教育目標

東京都及び江戸川区教育委員会の目標を受けて、未来への展望に立ち生涯学習の基礎を築くため、人権尊重と公共の精神のもとに個性を生かした学校教育の充実と地域社会に根ざした特色ある教育活動の推進を通して「生きる力」を育み、健康で人間性豊かな児童を育成する。

 
○ 進んで学ぶ子

○ じょうぶな子

○ 思いやりのある子

 

人間相互のかかわりを大切に「思いやりのある子」の育成を本年度の重点項目とする。

教育目標を達成するための基本方針

  • 全教育活動を通して、思いやりの心に満ちた人間関係を築く。各行事などを通して地域と触れ合い、ふるさと「えどがわ」を愛する心を育てる。
  • 人権尊重の精神に基づいて、いじめや暴力、差別、偏見を見逃さない態度を育て、自他ともに認め励まし、ともに学び合う意識を高める。
  • いじめ防止対策推進法等を踏まえていじめ対策基本方針を策定する。
  • 体力の向上に関する指導、心身の健康の保持増進に関する指導並びに食育の推進については、体力テストを学校応援団の協力を得て実施し、その結果の分析をもとに体育科及び家庭科・特別活動・休み時間などにおいて行う。
  • 学力向上に関する調査の結果をもとに「学力向上推進プラン」を改善し、基礎的学習の充実を図り、「考える力」「判断する力」「表現する力」の育成に努め学力向上を目指す。
  • 校内子ども委員会を設置し、特別支援教育コーディネーターを中心にスクールカウンセラーや特別支援学校とも連携し、障害に応じた指導内容や指導方法を充実させる。また、教職員の特別支援教育に対する理解および教育相談室・エンカレッジルームの活用方法について、校内特別支援教育研修会を実施する。
  • 関係者評価を充実し、その結果を地域・保護者に公表するとともに分析し、学校改善に向けた解決策に取り組む。