学校教育目標

 
   ○  よ く 考 え る 子

   ○  思 い や り の あ る 子

   ○  じ ょ う ぶ な 子

 

教育目標を達成するための基本方針

  • 児童理解に基づく児童の実態に即した望ましい人間関係を育むとともに、充実した学校生活の展開を図り、健やかな心と体の育成に努める。
  • 個性に応じた、自ら学ぶ意欲と主体的な態度の伸長を図り、基礎的・基本的な学力を中心とした確かな学力の定着とその向上に努める。
  • 全教科・領域の学習活動を通して、自ら課題を見つけ、自ら学び考え、主体的に判断してよりよい課題解決が、できる能力の育成を目指す。特に総合的な学習の時間の充実を重視し、地域の環境や施設等の積極的な活用の工夫を図るなど、多くの生活体験や自然体験学習を基にした実生活に生きて働く力の育成に努める。
  • 異学年でのボランティア活動や集団活動の積極的な推進を通して、思いやりの精神や社会規範意識を育むことを目指すために、地域社会や家庭の教育力との一層の充実に努める。
  • 児童にとって心の居場所のある学校を目指し、一人一人の児童のもつ思いや願いを大切にした指導の徹底に努める。
  • 外部評価の結果を公開し、その結果をもとに、学校公開の工夫や、広く保護者や地域の願い・ニーズを把握することに努めるとともに、学校評議員制等の機能を生かし、家庭地域、学校の連携・協力体制を一層密接にした、より開かれた学校づくりに努める。