江戸川区立清新第一小学校

学校版もったいない運動(エコ活動)の紹介

本校の取り組み

もったいない1
「エコパックづくり」にチャレンジ
家庭科の授業では、日常的にエコ大作戦を展開しています。 昨年度は、6年生がエコバックづくりにチャレンジしました。裁縫の学習に環境を意識した活動です。
「環境にやさしく」の願いを込め、一人ひとりの個性豊かな作品となりました。実際に自分達の生活で活用してくれると思います。

もったいない2
「Let's リサイクル もったいない運動」
もともと児童が卒業するときに不用品になった学用品を必要な人に譲るという習慣がありました。
それを平成19年度からは、通年行うことにしたものがこの運動です。 「ゆずります」「ゆずってください」のカードにゆずるもの、ほしいものの品名を書いて、PTA室の前に掲示しておきます。ゆずる品物はPTA室に保管し、ほしい人が持っていく場合とカードに記されている連絡先に連絡して受け取る場合があります。
リサイクル品で多いのは、体操服、水着、防災頭巾です。

もったいない3
「またあおうね」ボックス活動
各部屋に「またあおうね」ボックスを置き、古紙リサイクルの推進を行っています。 各教室で集まった古紙は、清掃の時間に主事室へ運び、主事さんの指導の下A4・B4・細かいものに大きさを分けます。さらに裏が使用できる用紙とリサイクル紙として業者に引き取ってもらうものに子どもたちに分類させています。
児童のリサイクルへの関心を高めてるとともに物を大切に使う指導にもなっています。

活動の様子

表示項目はありません。

「学校版もったいない運動」とは?