校長挨拶

校長挨拶

学校長 木村 紀朗

校長2年目の木村紀朗です。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。
 開校135周年の今年度、葛西小学校は新校舎建築のために仮設(プレハブ)校舎での教育活動となります。ご不便をおかけすることもあるかと思いますが、児童の安全確保を第一に進めてまいりますのでご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
  「明日登校するのが待ち遠しい学校」「子供たちの元気なあいさつが響き渡る学校」をめざして教職員一同力を合わせて取り組んでまいります。地域・保護者の皆様の応援をよろしくお願いいたします。
 

本校の特色

1.豊かな育ちと確かな学びを支えてくれる「学校応援団」

毎週水曜日朝読書の時間に全学級で行われている読み語りや季節感にあふれた図書室の環境づくりをしてくださるボランティアの皆様、登校時の地域の方による子ども見守り隊や海苔すき体験学習などまさに地域全体で学校を応援してくださっています。この応援体制を今後は各学年の授業支援にも拡大していきたいと考えています。

2.基礎学力の定着からさらに確かな学力に

漢字コンクールへの取り組みはすっかり定着し、基礎学力の確実な定着につながっています。3・4年の算数科で行われている少人数指導や一人一人に具体的な目標をもたせ個性や能力に応じた学習活動を工夫するなど、自ら学ぶ力を育てることを目指しています。

3.健康な体と心の育成

 校庭が使えない状況ではありますが、新川での持久走の通年実施、体育科の授業改善、30分休みの活用等を通して、子供たちの体力維持を目指します。また、いじめ、不登校の未然防止、早期発見、早期対応に努めるとともに、全教育活動を通して心の教育を進めます。

4.日本語学級との積極的な交流

日本語学級との交流がさかんで、異文化に対する理解や互いの個性を認め合う態度が育ちつつあります。このことをきっかけとして我が国や我が区の文化や伝統をより深く知り、大切に思う子どもたちを増やしていきたいと思います。

学校経営方針

平成29年度 学校経営方針