校章


校章画像
作成 小林ふみ子

船堀の地名にちなみ三つの半円の弧は、船をデザインしたものです。輪と輪のからまりは、船堀第二小の和を意味し、稲穂はこの土地が豊かな稲田であったところから、船堀第二小のこれからの実りを願ったものです。また文字は船堀の船と第二の二を示したものです。(昭和45年3月5日制定)


校歌

 

作詞 島 寛   補作 勝 承夫  作曲 小出 浩平

1 富士は はるかに けだかく清く
  ながれの ほとり 鷺も飛びたつ
  われらの町は なごやかに
  船堀第二 楽しい母校

2 進む時代の さきがけつくる
  槌うつ音も 日日にたくまし
  自立の英気 みちわたる
  船堀第二 はりきる われら

3 海の空から 春風ふけば
  花暖かに 夢はふくらむ
  希望の光 ふるところ
  船堀第二 のびゆく力

 (昭和45年3月5日制定)